但馬と徴用工問題

反日韓国】「徴用工強制連行はなかった」と言えるワケ 韓国で相次ぐ訴訟 ー夕刊フジ

へー、と言われそうだが実は但馬にも徴用工は千人程度おられたようです。その詳細は置いといて実は
韓国人がまとめた徴用工に関する書物がありました。と言うのは絶版で今もあるのは図書室の隅にある
一冊のみ。それが偶然にもマニアックである私に目に留まり読む機会を得ました。

絶版なので著作の関係上ネタバレは避けますがポイントです。

但馬の企業も自由募集でした。住環境は良い方だったらしいですが
厳しい所もあったようです。賃金や待遇改善を求めてストライキが
あったようです。逆に言えばストライキできる状況だったのかも?
炭鉱は高級取りで人気と言うネット記事も見ますが書物によれば
待遇が悪くて帰ってくる人が多かったようです。
官斡旋が一番問題でこれを強制連行と言えばそう取れなくも無いですが
当時はそんな意識も無かったようです。興味ある方は昔の資料を読む方が
中立に書いてあるように思います。

また、反響あればきちんと読んでみよう


最後までご覧いただきありがとうございました。明日使えるか微妙な雑談ネタ。雑記帳。良ければ新着通知の赤いベルをスマホの方は押してね。見えない人はメールマガジンの登録をぜひ

管理人ー小西尚憲(susi@hunaki.net)

他の運用サイト

寿司ふなきーsusi.hunaki.net

養父市のそんなことあったけぇな?ーblog3.hunaki.net

小規模事業主の為のページ運用ーpc.hunaki.net

過去のブログーblog.hunaki.net